ブログ

はちきん地鶏ってどんな鶏?土佐名物を堪能しよう! | わらやき屋銀座

2017.11.1
こんにちは、わらやき屋銀座PR担当です。

 

当店自慢の藁焼きの中でも一番人気はやはりカツオのたたきです。ですが、そのカツオのたたきと同じくらい人気が高いのが「はちきん地鶏の藁焼き」です。そもそも、はちきん地鶏というのはどのような鶏なのか?特別な鶏なのか?などについて解説したいと思います。

 

高知は意外にも地鶏王国




高知というと、土佐鰹などの魚介が有名なような印象を持っている人が多いです。ですが、意外にも、地鶏王国でもあったのです。日本国内の鶏において、主たる品種は34種類存在しています。その中のうち、およそ4割にあたる8種が高知県原産の鶏として登録されています。その中でももっともすぐれているという「土佐九斤」という鶏をもとに生み出されたのが「はちきん地鶏」です。生存率が高く育てやすいだけでなく、一般的なブロイラー種とは違い、軍鶏の血統も含まれている為、非常に歯ごたえのあると入りであり、ヘルシーな鶏肉として知られています。

 

はちきんってなに?


はちきん地鶏のはちきんというのは、高知における男勝りの女性に対して使う方言です。卑下するような呼称ではなく、どちらかというと魅力的な女性を意味しています。土佐の男が、はちきんとして慕う女性たちは、土佐の男以外から見ても魅力的だとされています。はちきん地鶏もそのような魅力的な鶏になってほしいという思いで名づけられたようです。

 

はちきん地鶏の魅力




はちきん地鶏の魅力は、その歯ごたえと旨味です。脂質が少ないため、アミノ酸などが損なわれにくく、噛めば噛むほどうまみ成分が染み出てきます。弾力のある肉質は、病み付きになるかみごたえであり、藁焼きの香ばしさが合わさるともうたまりません!当店では、「はちきん地鶏の藁焼き」を1,280円からご提供しております。是非、その魅力をご堪能ください。

 

当店は「かつを」や「はちきん地鶏」などの豪快な「藁焼き」が楽しめる藁焼き専門店です。銀座で豪快に舞う火柱、土佐の味を楽しめます。人気の完全個室もあり、ご予約はお早めに。さらに最大70名様までのOKの大座敷もございます。ご宴会に。かつを・はちきん地鶏・土佐和牛を藁焼きで他にも、土佐の粋を堪能できる各種お料理を多数ご用意しております。※年末年始の営業時間・営業日に関しましては変更する可能性がございます。詳細はスタッフまでお問い合わせ下さい。

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-2088

以上、わらやき屋銀座店PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

わらやき屋 銀座店のご案内 | 銀座 居酒屋

店名
わらやき屋 銀座店
住所
東京都中央区銀座6-5-15 銀座能楽堂ビル6F
電話番号
03-3574-5252
営業時間
月〜木・土
17:00〜23:00
(L.O.22:00)

金・祝前日
17:00〜翌2:00
(L.O.1:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
日曜日
祝日
アクセス
JR 有楽町駅 A7番出口 徒歩5分
地下鉄 銀座駅 B9番出口 徒歩2分

銀座 居酒屋 > ブログ > はちきん地鶏ってどんな鶏?土佐名物を堪能しよう! | わらやき屋銀座